思わず焦る!水没した時の対処法

水没時に絶対やってはいけないこと

トイレやお風呂でスマホを使っている人は多いのではないでしょうか。その時つい手が滑ってスマホを便器や浴槽に落下させてしまったら、皆さんはどうしますか。水没させてしまったスマホを復活させるカギは落下直後の行動にかかっています。しかし直観的な行動は逆効果になることもあります。ここでは落下直後にやってはいけないことを紹介します。

まずは救出したスマホの電源は絶対に入れてはいけません。スマホ内部に水が入った状態で電源を入れると内部の基盤がショートする恐れがあります。もし電源が入った状態であれば、速やかに電源を切りましょう。また水気を切ろうとスマホを振ることも厳禁です。まだ水が浸入していない箇所にまで水が行きわたってしまうため、余計なダメージを与えることになります。さらにスマホ内部の水気を乾かすために、熱風のドライヤーを使用することもやってはいけません。スマホは熱に弱いため、新たな故障の原因になります。

水没時の正しい対処方法

スマホが水没してしまった時は、まずバッテリーやSIMカード、SDカードなどを外しスマホ本体の水気をタオルなどで拭き取ります。この時SDカードの差込口やイヤホンジャックなどの細かい部分もティッシュなどで丁寧に拭き取ってください。ポイントはスマホ内部に水を押し入れないようにすることです。水気を十分に拭き取ったら、風通しの良い場所で自然乾燥させます。乾燥剤と一緒に保存袋に入れる方法もありますが、どちらにしても内部の水気が完全に乾くまで電源は入れない方が無難です。 数日様子を見て完全に乾いたら、電源を入れて動作確認をします。起動した場合はデータのバックアップを取りましょう。ただし正常に起動したとしても、すでに基盤がダメージを負っている状態であるため、急に故障する可能性があります。そのためこれらの対処を行った後、起動の有無に関わらず、1度修理を依頼することをおすすめします。